ピルを服用してはいけない事態

ピルが飲めない方飲んではいけない方
ピルは、妻であれば誰でも服用する事ができるお薬ではありません

 

とにかく、ピルを服用する前に、自分がピルを飲んでは行けない規則に当てはまらないか探査をください。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

乳がん、子宮がん、子宮筋腫を患っている方
妻ホルモンのエストロゲンが激しく関わる、癌などを患っておる方や、患って掛かるリスキーの有る方は、ピルを服薬できません。

 

これは、がんを悪化させるリスキーが有る為です。主に、乳がん、子宮がん(一際子宮頸がん)、子宮筋腫などです。

 

血栓症の方
副作用それでもご紹介いたしましたが、エストロゲンが血を詰める効果を持っている結果、とっくに血栓症を持っているほうが服用した状況、悪化させる可能性がある為です。

 

主に、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管支障、冠動脈不調など

 

また、長期間平穏の方や、オペレーション帰路、産後なども血液がこわばり易い結果、服薬できません。

 

その他、ピルを飲めない疾患の方
・肝支障
・肝腫瘍のある方
・脂質入れ替わり疾患の方
・重度の高血圧の方
・抗リン脂質抗体症候群の方
・耳硬直症の方
・引き金がわかっていない不当性器出血のある方

 

タバコの在る方(医者の決断による)
タバコを吸う結果、血栓症の心配が上昇します。

 

その為、医者によっては、喫煙して要る方には処方箋が出来ないに関してや、35歳以上で毎日15テキスト限りタバコ講じる方、など規則が別れます。また、禁煙を通して処方して頂けます。

 

受胎インナーの方や受胎の可能性がある方、授乳インナーの方
もはや、妊娠しておる方や受胎の可能性がある方は、ピルは服薬できません。また、授乳をされている方も同じく服薬できませんので、注意が必要です。

 

その他にも、長続き性掻痒症を起こした事がいらっしゃる方、受胎ペルペスを起こした事が起こる方、受胎中に黄疸を起こした事がある方もピルを服薬できません。

 

ピル通販TOPへ